札幌市 プログラミング教室《スクール》

プログラミングを学ぶには?

IT化が加速している現在、プログラミングを学ぶことは今後に大いに役立ちます。将来的なIoT化を支えるのはシステムエンジニアとプログラマーと言われていますが、どの企業も人材不足になっているため、プログラミングを義務教育化することも検討されています。そんな中プログラムを学ぶためには以下の方法が一般的です。ぜひ参考にしてください。

 

プログラミングスクールに通う

プログラミングを学ぶには、プログラミングスクールに通うことが最も効率的です。授業料はかかるものの、細かく丁寧に教えてくれるので初心者でも安心です。自分の他に教室の仲間がいるので、モチベーションを保ったまま勉強できるのがメリットです。

大学・専門学校に通う

現在中学生や高校生なら、大学・専門学校に通うことを検討するのもひとつです。情報工学科や情報処理科のある大学は公立・私立双方にあり、プログラミングを含めた全体を学べることが特徴です。専門学校も同様で、学科やコースにより特色があるので、自分の希望に合った進路を探すことが大切です。

勉強会・講座に参加することや、IT企業でアルバイトしながら身につける

基本的に独学になることや、分からないことを簡単に訊けないこともあるため技術習得はなかなか困難です。しかし、既に基本を知っていて新たな言語を学ぶ場合や、プログラミングを含めた業界の雰囲気を知るにはおすすめです。未経験でも学ぶ方法はたくさんありますので、自分に合った学習方法を見つけることが大切です。

 

プログラミングを学ぶ前に

プログラミングと言っても様々な言語があります。学習の前には、言語を決めることが重要です。概念を理解することが難しい言語を選ぶと最初から躓いてしまうことがありますので、初めてプログラミングを学ぶという人はPHPやJavaScript、Pythonなどの学びやすいものを選ぶと良いでしょう。ただし、やりたいことが決まっている場合には適した言語が存在することがありますので専門の方に相談するか、十分に調べたうえで取り組むことがスムーズに進めるためのコツです。

 

また、プログラミング言語はひとつを学習すると汎用的に使い回すことができる知識も身につきます。例えば、基本的な演算子や条件式は、多少は言語によって異なるものの応用できる知識のひとつです。

 

言語が決まれば、次に実行することは目指す目標を明確にすることです。学んだ言語を使ってアプリケーションを作成したり、CMSを構築したりするなどシステムを組み上げることを目標とすると良いでしょう。ひとつの言語でも、覚える知識にはキリがありませんので、実際に何を作るかに焦点を当てると迷うことがありません。

 

学習環境には業界標準としてMacは必需品とも言われています。定めた目標や言語によっても異なりますが、環境が障壁とならないように、事前に調べておくと良いでしょう。

page top