おすすめプログラミング言語

未経験者が覚えておきたいおすすめプログラミング言語

【 HTML&CSS 】web制作に必須言語

HTMLとCSSは厳密に言うとプログラミング言語ではありません。HTMLはマークアップ言語、CSSはスタイルシート言語と呼ばれます。HTML&CSSの特徴として、あらゆるWebサイトの基礎になる言語であるという事です。

 

HTMLは単なるテキストに、見出しや段落、リストなどの意味付けを行います。Googleなどを筆頭に検索結果の情報はロボットによって収集されています。サイト上に表示される文字列を、人間は文脈から判断する事ができますが、ロボットにとってはただの記号でしかありません。そのため、HTMLによって「ここは見出しですよ」というように意味付けをし、正しい情報を伝える手助けを行います。対してCSSは、レイアウトや装飾を担います。主に人間が使いやすく、また見やすいようにする役割を持っています。web制作を行うのであれば、まずはHTMLとCSSを理解する事は必須です。

【 JavaScript 】 Web制作からアプリの開発まで使う言語

HTMLとCSSでは、単に画像を表示させたり、レイアウトを設定したりといったWebサイトを主に構築されます。JavaScriptの特徴として「ボタンを押すと新しいメニューが表示される」「タブをクリックして表示を切り替える」など動きのあるサイトを作成できる事が挙げられます。また、JavaScriptはクライアントサイドスクリプトと呼ばれるプログラミング言語の一種ですが、ネット環境を必要とする事なく、ブラウザ環境があればすぐにテストできる事も魅力です。HTMLとCSSを理解し、次の段階としてJavaScriptを学ぶ人も多く、深い関係を持っています。さらに、Webサイトの作成だけでなく、アプリ開発等にも可能性は広がります。

【 Ruby 】 Webアプリケーションの開発で使用する言語

RubyはWebアプリケーションの開発でよく用いられるプログラミング言語です。Rubyの開発者は、まつもとゆきひろさんという日本人の方です。Rubyの特徴として、オブジェクト指向で自由度が高く、コードの簡潔さや直感性が分かりやすさがあります。開発者のまつもとゆきひろさんは、「ストレスなくプログラミングを楽しむ事」を設計思想に掲げています。実用性だけでなく、楽しさの追求が一部の方から絶大な支持を得ている理由でしょう。また、日本発信というだけあって、日本語ドキュメントが豊富で初心者にも学習しやすい環境が整っています。Rubyはフレームワークを併用する事で、Webアプリケーションをスムーズに作成できるなど、その技術は大手料理レシピサイトにも取り入れられているほどです。

【 PHP 】 ECサイトやブログなどの動的ウェブページに使用する言語

JavaScriptがクライアントサイドスクリプトであるのに対し、PHPはサーバーサイドスクリプトと呼ばれます。PHPの特徴として、Webサイトを動的に扱う事が可能な点が挙げられます。Webサイトを閲覧するためには、サイトデータのあるサーバーにアクセスする必要があります。JavaScriptでは、受け取った後のデータの動作を指示する事はできますが、アクセスする度に表示を変更するなど動的な処理はできません。PHPではサーバー上で操作を行う事ができるため、利用者のリクエストに応じた処理を返す事が可能になります。また、データベースとの連携も容易に可能なため、ECサイトやブログの作成にも使用されています。

【 Java 】 大規模な開発からWebアプリ、スマホのアプリまで使われている言語

Javaはその用途が広く、大規模な開発からWebアプリケーション、スマートフォンのアプリまで様々な場所で使われている言語です。Javaの特徴として、どんなコンピューター上でも利用でき、用途も広い代わりにルールが厳格で自由度が低い事が言われます。しかし、Javaは2018年の各プログラミング言語のなかで、Web上での検索数1位を記録するほど人気の言語です。開発市場には衰える事のない需要があり、仕事としても高い収入が見込めます。歴史も深く様々が情報を得る事ができますが、説明の難しさや良い教材の選定が難しい場合には、プログラミングに精通した方の指導を仰ぐ事もひとつの手です。
ちなみにJavaとJavaScriptの関係は、インドとインドネシアくらい違いますので混同しないように注意しましょう。

【 jQuery 】ページに動作をつけるのに僅か数行の記述で実現することが可能

ウェブページに動きや変化をつけるには通常、JavaScriptという言語によって実現しますが、JavaScriptではたいへん長い行数のプログラムを書く必要があります。しかし、jQueryというある程度の固まりになったJavaScriptのプログラム(ライブラリと言います)を使うことで、ページに動作をつけるのに僅か数行の記述で実現することが可能になります。
jQueryでできることで、最も頻繁に使われる事例としては「マウスオーバーすると要素が変化する」という挙動です。サイトのメニューをマウスオーバーした時に各メニューの色やデザインが変化したりしますが、これらはjQueryで実現していることです。また、写真のスライドショーも簡単に実装できます。さらには、ページの最下部にて「ページの先頭に戻る」ボタンをクリックすることでページの先頭に戻るという機能もそうです。他には、クリックしたら画像が入れ替わるという挙動、フォームに入力した内容に応じてフォームが変化したり、入力した文字数をカウントしてくれる機能もあります。

 

言語に詳しくない人でもjQueryを使うことで、より簡単にウェブサイトに動きをつけることが出来るようになりました。

【 Swift 】新しいプログラミング言語のことでApple社によって開発

このプログラミング言語が発表されたのは2014年のことで、自由に改良や配布などができる可能なオープンソースということが大きな特徴です。ネイティブアプリを開発する時に使うSwiftでできることは、携帯端末やパソコンなどに使うソフトの開発などです。今までは別のプログラミング言語が使われてきましたが、それに代わるものとして開発されました。新しく開発されたSwiftの大きな特徴は、今までのプログラミング言語と互換性を持たせながら簡単にアプリケーションソフトを作り出すことができる点です。従来から使われているプログラミング言語と比較すると、使えるようになるまでに必要な時間が短く簡単にコードを書くことが可能です。プログラミングの初心者でも扱いやすく、間違えてしまうことが多いことを自動的に進めてくれることも特徴の一つになっています。Apple社の携帯端末やパソコンなどはSwiftで開発することが可能なので、一度覚えると全ての製品を扱えるのもできることの一つです。オープンソースなので、多くの企業で使いやすいメリットもあります。SwiftはAppleのIDを所持している場合は誰でもダウンロードすることができるので、学びやすく将来性があることもメリットです。

【 Scratch 】単にプログラミングを学ぶことが出来るツール

初めてプログラムを見るというような子供が学習することを考えて作られたツールで、難しい事が分からなくても感覚的に画面の絵を見ながらプログラミングを学ぶことが出来るというとても優れたツールと言ってもいいかもしれません。

 

Scratchでできることは、命令が書かれたブロックを画面上で組み合わせていく事で、画面内にある動物がそれに合わせて動いてくれるというシステムになっています。例えばこんにちはというブロックを持ってくればこんにちはという事を画面の動物が言ってくれますし、うーんと考えるというブロックを持ってくると画面の中の動物がうーんと考えるようになっているという仕組みです。そして、この命令ブロックを並べていく事で、いろいろな事を画面の中の動物がその命令に従って動いてくれるという事で、命令がどのように変わると動物の動作がどのように変わるのかという事が目で見てはっきりと分かるようになるのが、このツールの優れた所といっても良いでしょう。これによってプログラミングの基本的なところが分かってくるようになるのです。即ち命令の積み重ねがプログラムになるという事が理解出来るようになります。

【 Python 】人工知能の機械学習で使用する言語

Pythonとは機械学習で使用する言語です。Pythonのメリットとしては少ないコード量でも比較的簡単にプログラムを作れる点やコードが読みやすいという点がメリットといえます。人気のプログラミング言語であるため、学習している方も増えています。
読みやすさを重視しているため、他人が書いたコードもシンプルで読みやすくなっているのはメリットといえるでしょう。自身が書く場合でも書きやすさは大切ですが、他人の書いたプログラムを読む場合でもシンプルのため、ある程度読みやすさがあるのは開発現場ではとても便利です。そのため、初心者でも習得しやすい言語でもあるといえるでしょう。興味がある場合には習得のためにPythonを基礎から学んでみるのも一つの手段です。

page top