通学・オンラインのメリット・デメリット

プログラミング教室の選び方!オフライン・オンラインの特徴とは

プログラミングスクールは近年増えており、学校での必修化の影響もあって子供でも学べるプログラミングスクールが増えています。そんな中でプログラミングスクールに通う場合に、オフラインスクールとオンラインスクールに分かれていることに気づきます。この両者で何がどのように違うのかを知ることでより自分に見合った場所を選択できます。

 

オフライン《通学》スクールの特徴

いわゆる対面での講義となり、困ったことがあればすぐに聞けるのがポイントです。その中でも講義形式で行われるものと自主学習で行われるものに分かれます。講義形式は一からプログラミングを学びたい人におすすめです。わからないところを丁寧に教えてくれるため、全く知識がない人でも安心です。一方自主学習の形式は教材が渡され、それをコツコツ解いていくことで技量を高めます。常駐している職員がいるため、その人に質問をしていく形になっています。

 

オンラインスクールの特徴

場所に関係なく授業が受けられることが挙げられます。プログラミングスクールは都市部に多く、地方で受講するのは意外と大変です。オンラインスクールであればその心配がないため、あとは費用面などを気をつけながら選んでいけば問題ありません。質問に関してもオンライン上で行えるだけでなく出来るだけ迅速に質問が返ってくるため、疑問点を解消しながら次に進めます。

 

大事なのはなぜプログラミングスクールに通うのかということです。転職のために行うのか、それともプログラミングのスキルアップのためなのか、はたまた資格取得のためなのかで大きく変わります。当然ながら必要な受講期間も違えば、費用面も違います。転職を考えるのであれば講義形式でスキルを積み重ねていくのがよく、スキルアップのためならオンラインスクールでも問題ありません。知識を確実に身につけたい人はオフラインスクールで徹底的に指導してもらい、資格取得を目指す人はオンラインスクールで自分なりのペースで臨むのがおすすめです。

page top